aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2010年12月 | メイン

2011年01月 アーカイブ

2011年01月29日

いよいよ始まる合同テスト“もう一つの見方”とは

寒中お見舞いもうしあげます。
遅ればせながら2011年シーズンもよろしくお願いします。

ニューマシンが1月下旬から続々発表され、一斉にテスト走行が始まる。そのスケジュールは以下のようになっている。
・2月1~3日:バレンシア
・2月10~13日:へレス
・2月18~21日:バルセロナ
・3月3~6日:バーレーン
この4回の“合同テスト”以外は制限され、撮影用及び直線コース試験が例外として認められているだけだ。2月は温暖なスペインで3、4、4日間と走り込むスケジュールで、天候も比較的安定していることから、例年この3サーキットを転戦しながらニューマシンの熟成が進められる。
 
バレンシアはヨーロッパGPの舞台ではないやや小さなパーマネントコース、リカルド・トルモが使われる。何度かこのテスト取材にも行っているが、低速コーナーばかりでコースとしてはあまり見どころがない半面、ピット上からコース全体が見渡せるから、どこでマシンが止まっても(1周が短いので)すぐにピットに戻せるなど、チームにとっては新車の基本的な“システムチェック”をするには便利なところだ。ドライバーもここなら少しずつ低速コーナーを攻めていけばいいので、スピンしても大きなダメージを負うという心配がない。(完成したばかりのニューマシンはスペアパーツが十分ではないので、クラッシュするとテスト・プログラムそのものに影響が出てしまう)。

余談になるが最終コーナー外側には“展望レストラン”があって、朝から夕方まで続くテストの間、ここで飲食、休憩できるのはとても助かる。ほかのコースだと昼食をとるのも一苦労で、朝サーキットに向かう途中でサンドイッチを買っていくしかない(もちろん温かい缶コーヒーの自販機なんか、スペインにはない)。レストランの窓側に居ればなにかハプニングが起きてもコースが見渡せ、すぐに表に飛び出していける。ただちょっと困るのは、休日にテストが重なると地元スペインのアロンソ・ファンが大挙詰めかけてサーキット周辺が大渋滞になること。2,000円以下で入場できるとあって、ここもバルセロナも観客はかなりの数になる。
 
97年にヨーロッパGPが開催されてから今はテストでしか使われなくなったへレスは、シェリー酒の産地として有名だ。新車シェイクダウンをバレンシアで終えると、各チームはここから本格的なセットアップに取り組んでいく。このコースは中速タイプ・レイアウトで“アンダーステア傾向”が出やすいから、そこをきちんと修正できるか、またロングランペースはどうか、ベストタイム比較よりもその内容をチェックすると、マシンのポテンシャルが浮かび上がってくる。
ただへレスは時折雨も降り、風も強いところなので、こうしたコンディション対応が難しい。またガソリン重量を軽くするとラップタイム向上率が大きく(10kg減で0.35秒アップ)、チームによってはわざわざ予選仕様にして好タイムを叩き出し、スポンサーへのプレゼンテーションの場にするところもある。従ってこの段階でのタイム比較、優劣判断には慎重にならざるを得ない。ニュースで流れるタイム結果に、皆さんもあまり一喜一憂しないほうがいいだろう。

2月最後のバルセロナになるとテスト走行も俄然ヒートアップ、実力が透けて見えてくる。ここはニューマシンの実力測定にはうってつけのコースレイアウトなので、バルセロナで速いとどこでも戦闘力が高いと見ていい。実際にスペインGPでPPをゲット、優勝するチームは高確率(65~70%)でチャンピオンシップを制している。昨年のレッドブル・ルノーもこれに当てはまる。
参考までに昨年のバルセロナ・テストでは、初日25日がM・ウェバー、26日がN・ヒュルケンベルグ、27日がN・ロズベルグ、28日がL・ハミルトンと“日替わり”でトップが変化した。なかでも初日でいきなり2位に約1秒(!)もの大差をつけたレッドブル・ウェバーは驚異的で、いまにして思えば彼らは「王者への切符」をこの時点から握っていたと言ってもいいだろう(と僕はイメージした)。

さて今年の場合はどうか。ここで注視する必要があるのは3月3~6日に中東バーレーンでテストがあることだ。開幕戦1週間前、まさに直前4日間の集中テストは本番のリハーサルといえ、ここでニューマシンの実戦パッケージや隠し玉が投入される可能性は大だ。その根拠はバルセロナ・テストを21日に終えてからバーレーンまでにはかなり日数があること。アップデートパーツを整え、ここまでライバルに見せなかったモノをぶち込み、一気に引き離す作戦がとれる。あるいはここを“最終テスト”ととらえて試しておいて、さらなる開幕戦仕様を翌週までに仕上げる2段階作戦だって考えられる…。

――今回は<オフ・テスト>のもう一つの見方を解説した。次回は登場したニューマシン、そして今シーズン20年ぶりにF1に復活するイタリアのピレリ・タイヤの動向について取り上げる。 

カテゴリー